プロコートへ

TOPブログ > エアコンの効きが悪い。どんどん電気代が高くなる?

2019/07/03コラム,エアコン
エアコンの効きが悪い。どんどん電気代が高くなる?
   年々電気代が高くなっている・・・・ 

そんな方、多いかと思います。 

その原因として、エアコンが考えられます。



 今回はエアコンと電気代の関連性についてお話させて頂きます! 



何故電気代が高くなるの?? 


実は、エアコンの汚れが関係しているんです。 


汚れ=電気代?何故??と思いますよね 



エアコンは冷風や温風を出すために、熱交換器(アルミフィン)で冷やしたり温めたりして


 送風ファンを使って部屋に空気を送り込みます。


 この熱交換器(アルミフィン)と送風ファンがとても汚れやすい!! 


よく使うエアコンであれば1年でこのようにどろどろになってしまうことも・・・ 





アルミフィンが汚れると、冷やしたり温める能力が著しく低下してしまいます。


送風ファンは元々、風を送り出すための形状をしていますので

汚れてしまうと、その形状が崩れてしまい風を送る能力が著しく低下してしまいます。


 ということは、エアコンが全然効かない(;'∀') 



といった状態になってしまいます。

部屋は冷えない。電気代は高い。これでは付けてる意味がなくなってしまいます。




では、なぜそれが電気代が高くなることに繋がるのでしょうか?


 エアコンには温度計がついていて、自動で設定温度をキープしてくれるようになっています。


 そのため、例えば25度設定にした場合、部屋が25度になるまでエアコンが精いっぱい頑張ります。


 ですが、エアコンが汚れていると部屋が冷えません・・・



 冷えないのに、エアコンは設定温度までフルパワーで頑張ります。


 人間も全速力で走ると、体力を消耗しますよね。 


エアコンも同じで全速力だと多くの電気を消費します。



 これが電気代が高くなってしまう仕組みだったんです(゜o゜) 




それでは、解決方法にまいります! 




そのままなことですが、掃除が必要です(;'∀') 




フィルターが汚れているだけで効きが悪くなっていることもありますので 

その場合はフィルターを掃除すれば解決です!! 




続いて、アルミフィンに大量の埃が乗っている場合 

この場合は掃除機とブラシを使ってキレイにしてあげましょう 


アルミフィンのみの汚れであればこれで随分良くなると思います♪





 最後に、アルミフィンの汚れが表面だけではなさそうだったり 送風ファンが汚れている場合 

こんな状態になっている場合はプロに掃除を頼みましょう 

新品の時のエアコン効きが帰ってきます!! 

因みにクリーニングを行うことで電気代に差が出ますので 数か月でクリーニング代が戻ってくることも♪



当社では徹底的なクリーニングを行っておりますので 必要の際は是非お気軽にご連絡くださいませ(^^)/

一覧に戻る