プロコートへ

TOPブログ > 気付けばカビがそこまで…!富田林市・尼崎市のエアコンクリーニング☆

2020/01/09エアコン
気付けばカビがそこまで…!富田林市・尼崎市のエアコンクリーニング☆
こんにちは!神谷です(゚∀゚)

今回も最近クリーニングしたエアコンのビフォーアフターをご紹介致します☆

富田林市の戸建てのリビングにあるエアコンで
メーカーはパナソニック(CS-634CXR2-W)のお掃除機能付きです!


こちらのエアコンは2014年製で5、6年ほどご使用になられています!
エアコンクリーニングは今までしたことはなく初めてになります!


今回ご注文いただいた理由は
吹き出し口から見えているカビ汚れが気になるとのことでした!

ふと、エアコンの吹き出し口をお客様が見られた時に黒い汚れがたくさんあって
それが手前のルーバーまで汚れていたので
その時はルーバーの汚れだけを拭き取ったそうなのですが
肝心の奥の方はご自身ではお手入れできないと思われ
初めてエアコンクリーニングをプロにお願いしようとなったみたいです☆

もちろん、黒い汚れというのはカビ汚れです(汗)
手前のルーバーまでカビが生えているということは
吹き出し口の奥にある送風ファン(中が空洞で筒状のもの。だいたい黒色)が回転して風を送り出しているのですが
そのファン自体がカビだらけになっていて
高速回転することで、カビの胞子を360度撒き散らしているので
その胞子がルーバーに付着し、そこにカビが生えたということになります…。

ルーバーだけではなく、吹き出し口全体にカビが生える理由も同じで
送風ファンから飛び出たカビの胞子が付着しているからです
(゚Д゚;)
それが成長して目に見えるようになったのが
黒い点々のようなカビです。

カビの胞子は風に乗ってお部屋の空気中にも飛びまくっています。
それが人やペットの吸い込んだ空気に紛れて肺に入りこんでしまいます。
そうなると、咳が出たりクシャミをしたり
酷くなると喘息やアレルギーになってしまったりします
(´-﹏-`;)

そうならないためにも、定期的なエアコンクリーニングが欠かせないと言えます。
ましてやよく使うエアコンほど
夏場の冷房で発生する水滴や湿気でカビが生えてしまいます。
なので、リビングなどの使用頻度が高いエアコンは1年に一回が理想とされています。
寝室などのあまり使わないエアコンは3、4年に一回程度で大丈夫かと思います。

それでもフィルターなどのご自身で外すして洗えるものはお掃除機能付きであれば年に2回程度
お掃除機能なしなら1、2ヶ月に一回程で大丈夫かと思います!

ただあくまでもフィルターのホコリを落とす程度なので
内部のカビ汚れはプロにお任せください!

ちなみにこちらのお家では最近赤ちゃんが生まれたばかりなので
特にカビなどの汚れはすごく気になるかと思います。

赤ちゃんが一緒にいても安心して
ご使用できるように徹底洗浄でエアコンをキレイにしていきます!!


それでは早速、エアコンを分解して
中の汚れ具合を確認していきたいと思います!

〜洗浄前の状態〜

全体(ビフォー)



銀色の大部分のところがアルミフィンと呼ばれる熱交換器の場所ですが
フィルターの自動お掃除機能で取りきれていないホコリがたくさん付いてしまってますね〜。

エアコンは基本的に上から空気を取り込み、吹き出し口から風を送り出すという循環を行っていますので
何年も使用していてエアコンクリーニングをしたことないエアコンは
だいたいこんな感じに汚れてしまっています。

フィルターもホコリがすごかったので、役目を果たせていない感じですね。


吹き出し口(ビフォー)



お客様がエアコンクリーニングをしてみようというきっかけになった箇所です(笑)
確かにこれは危機感を感じてしまうほど、ヤバいですね…!
送風ファンが元々はキレイな真っ黒なんですけど、表面に白っぽい汚れがたくさん付いてますよね。
これはカビにホコリが付着して、またそれがカビになってを繰り返した
カビの層です(汗)
さらには送風ファンのすぐ下にびっしりと点々と汚れが集まるようにありますよね。
これが付着したカビの胞子が成長した姿なので、点々としています。
しかもファンの羽の継ぎ目の部分からは胞子が飛ばないので
縦にきれいに線がいってブロック分けされたようになっているのがわかります。


ドレンパン(ビフォー)



ドレンパンは冷房で発生した水をドレンホースへと流す役割をしている水受け皿のようなものです。
冷房を使えば使うほど水が出て湿気ってしまうため、ドレンパンはすぐにカビが生えてしまいます。

本当は冷房を切った後はエアコン内部を乾かしてあげることが大事ですので
内部クリーン(内部洗浄)機能を使って長い時間をかけ送風で乾かしてあげるか
10分、30分でもいいから暖房を使用して急激に乾燥させてあげるかの
どちらかを利用してカビの発生を抑えてあげればいいかと思います!


次は洗浄です!
カビによく効く塩素系の洗剤を使ってしっかり除菌をし
高圧洗浄機で隅々まで徹底的に洗い流していきます!


〜洗浄後の状態〜

全体(アフター)



覆っていたホコリもなくなりキレイになって、ちゃんとアルミフィンが見えるようになりました✨


吹き出し口(アフター)



嫌なカビ汚れがなくなって、すごくピカピカになりましたね!
送風ファンを洗浄している時、空洞の中もカビだらけだったので
高圧洗浄をしていると真っ黒の汚水が流れ出てきていました
Σ( ̄Д ̄ )
でもこれでカビの胞子が飛び交うことがなくなりました✨


ドレンパン(アフター)



見違えるほど真っ白になってキレイになりました✨
元はこんなにもキレイな部品だったんですね
(^◇^;)


出た汚水はこんな感じです!




汚水はやっぱりめちゃくちゃ真っ黒です!
こんなにも大量の汚れがエアコン内部に潜んでいたなんて思うと
恐ろしいですよね(´д`;)


でもこれでキレイになったエアコンを気兼ねなく使えて
赤ちゃんがいても安心できますね
(*´∀`*)ノ


次のもう一件も気付けば汚れがえらいことになっていたエアコンです!

尼崎市のマンションにお住まいのお客様でリビングに設置しているエアコンは
メーカーはシャープ(AC-F22AW)のお掃除機能なしになります!

2016年に作られてたエアコンで3、4年程ご使用になられています!

エアコンクリーニングは初めてで、今まで一度もしたことがありません。


こちらもリビングで使用しているため
使用頻度は高く汚れるペースが早いエアコンになります!
今回ご注文いただいた理由も気付いたら黒いカビ汚れが見えるところに出てきていて
内部はもっとすごいことになっているんじゃないかと怖くなって
プロに洗浄してもらいたいと思われたからだそうです。



それではこちらのエアコンも早速、分解して
中の汚れ具合を確認していきたいと思います!

〜洗浄前の状態〜

全体(ビフォー)



吹き出し口(ビフォー)



ドレンパン(ビフォー)



確かにカビ汚れが吹き出し口とドレンパンを中心に全体的に広がっていますね
( ̄◇ ̄;)


次は洗浄していきます!
大活躍のカビを死滅させる塩素系の洗剤を使って除菌をしていき、
高圧洗浄機で奥の奥まで徹底的に洗い流します!


〜洗浄後の状態〜

全体(アフター)



吹き出し口(アフター)



ドレンパン(アフター)



あれだけカビが全体的に広がって付いていたのがなくなり
キレイになりましたよね✨
ドレンパンの元に戻った白さにビックリです
(*゚Д゚*) 


出た汚水はこんな感じです!




こちらもやっぱり真っ黒(汗)
お客様も驚かれていました!


2台とも知らず知らずのうちにカビが生えてしまって、気付いた頃にはカビを飛ばしまくるエアコンになってしまっていました…。
そうなる前に洗浄してあげる方がいいので
定期的なエアコンクリーニングをしてあげてください
(*´∇`)ノ

一覧に戻る