プロコートへ

TOPブログ > お家のエアコン、暖房を使うと臭いにおいが出ていませんか?松原市、池田市、兵庫県尼崎市でのエアコンクリーニングのご紹介!

2020/01/08エアコン
お家のエアコン、暖房を使うと臭いにおいが出ていませんか?松原市、池田市、兵庫県尼崎市でのエアコンクリーニングのご紹介!
こんにちは!
プロコートの村上です。

今回はたくさんご注文頂いたクリーニングの中から何件かご紹介させて頂きます。

1件目は松原市にお住まいのお客様からご依頼頂いたエアコンクリーニングのご紹介です。クリーニングしたエアコンはパナソニック製お掃除機能付きエアコンのCS-224CXR-W、2013年製のエアコンです。
こちらのエアコンは3年ほど前に他のクリーニング業者依頼して洗浄されたそうですが最近暖房を使うと臭いにおいが出てくる様になったのでクリーニングを申し込まれたそうです。使用時に臭いにおいが出る状態だと安心して使えません。この寒い冬に暖房を使えないのは辛いですよね。

では早速分解して内部の状態の確認とにおいの原因を調べていきます。

分解して送風ファンを剥き出し状態にしたのがこちらです。



ファンにカビとホコリがこびりついてしまっています。

次はドレンパンを見ていきます。



こちらもカビで真っ黒になってしまっています。
ドレンパンと呼ばれるこの部品はエアコン内部で発生した水滴を受け止める水受け皿の役割を果たす部品です。そして、このドレンパンは特殊分解部品でほとんどのエアコンクリーニング業者は取り外さずに洗浄をします。ドレンパンを取り外さずに洗浄した場合ドレンパン部分にカビなどの汚れがどうしても残ってしまいます。又、ドレンパンの取り外しに対応しているクリーニング業者でも追加でオプション料金が発生する場合が殆どです。ですが、プロコートでは徹底分解、徹底洗浄に拘っておりますのでドレンパンが取り外し可能なエアコンに関してはドレンパン取り外しでの追加料金無しでドレンパンを取り外しての洗浄を行なっています。(富士通製、東芝製、ダイキン製のエアコンはドレンパンがエアコン背面の部品と一体型になっている為ドレンパンの取り外しが出来なくなっております)

それぞれの部品をエアコンクリーニング専用の洗剤と高圧洗浄機を使って丁寧に洗浄していきます。

洗浄後の写真がこちらです。

送風ファン部分



ドレンパン



カビやホコリがなくなってキレイになりました。

洗浄の際にエアコン本体から出てきた汚水がこちらです。




エアコンクリーニング後は暖房使用時に出てきていた臭いにおいも無くなり安心してエアコンを使える状態になりました。

エアコンはクリーニングをする事でにおいが無くなったことからもエアコン内の汚れ、特にカビが原因でにおいがでてしまっていた事がわかります。実際にエアコンから臭いにおいが出てきた場合は9割ほどの原因はエアコン内部に生えているカビが原因です。このエアコン内のカビですが原因は夏の冷房が原因となっています。
エアコンは冷房時、冷たい風を出す為に部屋の空気をエアコン内に吸い込みます。その後エアコン内部で空気を冷却し吹き出し口から風を送り出す事で冷風が出てきます。このエアコン内で空気を冷却する際にエアコン内で結露が発生します。この結露がエアコン内を湿った状態してしまいエアコン内部にカビが発生するのです。この冷房を使う時間が長くなるとその分エアコン内が湿っている時間が長くなり、より多くのカビが生えます。ですので、よく使うエアコンはマメにクリーニングをしてあげる必要があります。クリーニングをする目安としてはよく使うエアコンは1年に1回、使用頻度が少なくても冷房を使うエアコンは3〜4年に1回は分解してのエアコンクリーニングをする事をオススメします。


では、次のクリーニングのご紹介させて頂きます。
2件目は池田市にお住まいのお客様からご依頼頂いたエアコンクリーニングです。
クリーニングしたエアコンは三菱重工製のビーバーエアコン(お掃除機能付き) SRK28RV、2017年製のエアコンです。
こちらのエアコンですがお掃除機能が付いているから大丈夫だろうと思われていて、購入してから約3年全くお手入れされていなかったみたいです。ですが最近エアコンのクリーニングのCMを見て内のエアコンももしかしたら、と思い申し込まれたそうです。
又お客様には生後3ヶ月の赤ちゃんがいらっしゃるのですが、その赤ちゃんのベッドの正面にエアコンが設置されていました。赤ちゃんはまだ免疫なども出来上がっていないのでもしかしたらと思うと心配になりますよね。

では、エアコンを分解して内部の状態を確認していきます。

送風ファン部分



ドレンパン



それぞれ大量のカビで真っ黒になってしまっていました。このままの状態でエアコンを使うとお部屋の中にカビの胞子をばら撒いてしまい、健康上よろしくありません。

カビを取り除くためにも専用の洗剤と高圧洗浄機を使って丁寧に洗浄していきます。

洗浄後の写真がこちらです。

送風ファン部分



ドレンパン



それぞれ大量に生えていた黒いカビがキレイさっぱり無くなりました。


洗浄の際に出てきた汚水



真っ黒な汚水がエアコン本体からこれだけ出てきました。

これでエアコンは汚れが無くなってピカピカ!
安心して使うことができます。
こちらのお客様はエアコンにカビが生えにくくなる防カビコーティング(オプションメニュー)も当日急遽追加でして頂きました。

エアコンは構造上使えば使うほど内部にカビなどが生えて汚れてしまいます。ですがこの防カビコーティングをエアコンクリーニング後に施工することによってエアコン内部をカビの生えにくい環境にすることが出来ます。


今回お伺いさせて頂いたお客様の様に、お掃除ロボ付きエアコンはお掃除機能が付いているのでエアコン全体を自動でお掃除してくれるもの、だからスタンダードエアコンのようにクリーニングはしなくても大丈夫と思われている方が結構いらっしゃいます。ですが、お掃除機能とはフィルターをブラシで擦りホコリを取り除く機能で、フィルターに付いているホコリ以外はスタンダードエアコンと同じようにカビが生えたりホコリが溜まってしまいます。
さらにお掃除機能も大きく分けると2種類に分けることができます。お掃除機能で集めたホコリを自動で室外に排出するタイプと排出しないタイプです。
ホコリを自動で排出しないタイプのお掃除機能付きエアコンにはダストボックスがエアコン内に取り付けられており、そのダストボックスにお掃除機能で集めたホコリが溜められます。このダストボックスがホコリで一杯にならない様に定期的にダストボックスのホコリを捨てる必要があります。ダストボックスのホコリは半年に1回を目安にお掃除してあげて下さい。


3件目は兵庫県尼崎市にお住まいのお客様からご依頼頂いたエアコンクリーニングです。
クリーニングしたエアコンはシャープ製スタンダードエアコンのAY-F22S-W、2015年製のエアコンです。こちらのエアコンも暖房を使うとにおいがするとの事です。

では、エアコンを分解して内部の状態を見てみます。



予想通りたくさんカビが生えてしまっていました。

こちらのエアコンの洗浄後の写真です。



除菌効果の高いエアコンクリーニング専用の洗剤と高圧洗浄機のチカラでバッチリキレイになりました。

エアコンは全体がカバーで覆われている為内部が汚れていてもなかなか気付く事が出来ません。そして、今回紹介したエアコンの様ににおいなどが出てきた時にはエアコンの内部はカビだらけになってしまっている場合が殆どです。カビが生えているエアコンをそのまま使うと部屋にカビの胞子をばら撒いてしまうので衛生上もよろしくありません。ですのでクリーニングするかどうかは、エアコンの汚れは見た目で判断せずにエアコン使用頻度などに合わせてお申し込み下さい。

一覧に戻る