プロコートへ

TOPブログ > 汚れが酷いエアコンは見た目で判断できない?!大阪市住吉区・西宮市のエアコンクリーニング☆

2020/01/03エアコン
汚れが酷いエアコンは見た目で判断できない?!大阪市住吉区・西宮市のエアコンクリーニング☆
こんにちは!神谷です(゚∀゚)

ここ数日間、昼間は暖かいけど朝と夜がめちゃくちゃ寒くないですか?!
僕ら体を動かして仕事するもの達からすると
この温暖の差が体にはキツいです(汗)
もちろん室内でお仕事されてる方も外に出た時に同じ様に感じてしまうと思いますが
体調を崩さないよう注意していきたいですね
( ̄◇ ̄;)


今回も最近クリーニングしたエアコンのビフォーアフターをご紹介致します☆

大阪市住吉区の戸建てのリビングにあるエアコンで
メーカーはシャープ (AY-A40VX-W)のお掃除機能付きです!


こちらのエアコンは2011年製で8年ほどご使用になられています!
エアコンクリーニングは今までしたことはなく初めてになります!


エアコンクリーニングは初めてなので少し不安もありつつ、どれだけ黒い汚水が出るのかドキドキ感で楽しみだったお客様♪
ご近所さんが、年末の大掃除の時にエアコンクリーニングをされたそうで
そのクリーニングで出た汚水を写真で見せてもらった時に
「え、こんな汚れてるもんなん?!」と衝撃が走り
今回、意を決してプロにお願いしよう!と思われ
ご注文されたそうです(*´∇`)ノ

身近でエアコンクリーニングをしたという方がいらっしゃれば「どんな感じなんやろ〜」って興味はありますよね!
大抵の人はその汚れが流れでてバケツに溜まった汚水を見ればビックリされています!笑
エアコンの普段見えないところにカビやホコリ汚れが隠れていて
それがプロの手によってキレイに洗い流されると気持ちも晴れて、清々しい気分になります☆
お客様もですが、洗浄している我々も自分たちの手でキレイになっていくエアコンを見ると嬉しく思ってしまいます
(*´ω`*)
まだエアコンクリーニングをされたことがない方は是非この体験をしていただきたいですね✨


それでは早速、エアコンを分解して
中の汚れ具合を確認していきたいと思います!

〜洗浄前の状態〜

全体(ビフォー)



吹き出し口(ビフォー)



ドレンパン(ビフォー)



なかなかにカビが生えてしまってますね〜。汗

まず全体写真から見ていくと、エアコン本体内部の大部分を占めている銀色のアルミフィン(熱交換器)
表面にはホコリが付着し、全体的に黒っぽい色になっているので
裏側や間にカビがかなり生えていると思われます。

吹き出し口は見ればすぐわかると思いますが
黒い点々があちらこちらにあります。
これはカビが生えているのですが、写真中央の黒い筒状の送風ファンが回転して風を送り出す時に一緒にカビの胞子を飛ばしているので
それが付着して目に見えるほどに成長したのが
この点々のカビ達なんです。
ということは
エアコンの内部、特に送風ファンにカビが生えていると
エアコンを使用している時にお部屋の中にカビの胞子を撒き散らしていることになります…。
夏の暑い日なんかは冷房を使用して、お部屋の中は快適だと思っておられたと思いますが
実はその間、カビの胞子がお客様やご家族の体の中に入り込んで害をもたらしていたんです。
めちゃくちゃ怖いですし、ショックですよね
(゚Д゚;)
僕もこのお仕事をするまで知らなかったので
「あ、だからエアコンを使うと咳が出ていたのか!」と謎に咳が出ていた原因がわかり、
早めに気づいていれば…とちょっと悲しくなりました
_| ̄|○

ドレンパンですが
ここは最もカビの繁殖がしやすいところなので、見事にカビがびっしり。
ドレンパンは冷房で発生した水滴をドレンホースへと流す水受け皿のような役割をしているので、冷房使用時は常に濡れていて湿気ています。
かなりカビにとっては居心地の良いところだと思います。

なのでドレンパンが外れる機種は外してあげて
しっかり洗浄します!
ほとんどの業者が外さずにそのまま洗浄するところなんですが
外さず洗浄すると汚れがドレンパンに溜まりドレンホースが詰まりやすくなってしまうのと
カビが残っていますので、洗浄後すぐにまたカビが活発化し
汚れ戻りが起こってしまいます。
そうならないためにもドレンパンを外して徹底洗浄します!
ちなみに外れない機種はドレンパンの隙間に高圧洗浄機を入れて洗うのですが
その時に一般的に使われている高圧洗浄機だと威力が弱く汚れが落ちませんが
うちで使用しているものはかなり強めなので
外せなくても、しっかりキレイになります☆


次は洗浄です!
カビ汚れに効く塩素系の洗剤を使ってしっかり除菌をし
高圧洗浄機で隅々まで徹底的に洗い流していきます!


〜洗浄後の状態〜

全体(アフター)



吹き出し口(アフター)



ドレンパン(アフター)



エアコン全体にびっしりついていたカビ汚れはなくなり、とてもキレイになりましたね✨

アルミフィンのカビとホコリも
吹き出し口全体を覆うように生えていたカビも
ドレンパンが真っ黒になってしまうほどに付いていたカビ汚れも
全て一掃され本当にピカピカになって
とても気持ちのいいエアコンへと生まれ変わりました
*\(^o^)/*


お客様が待ちに待った
洗浄で出た汚水はこんな感じです!




超真っ黒ですね!笑
この汚れを見てお客様は
「うちもやっぱりこんな汚れでるもんなんや!エアコンクリーニングってすごい値打ちあるわぁ〜。お願いして良かった!」
と、大絶賛されておりました✨

これで安心してエアコンを使用することができますね
(*´∀`*)


2件目は西宮市でのエアコンクリーニングです!
メーカーは三菱(MSZ-DX22J-W)で寝室に設置してあるお掃除機能なしになります!

2011年製なので8年ほどご使用になられていて
エアコンクリーニングは初めてとのことです!


寝室でご使用になられているので
1件目で紹介したリビングのエアコンほど使用頻度が高くありません。
なので、汚れるスピードは遅いですが
それでも8年もクリーニングしていないと内部の汚れは酷くなっているのではないかと思われます…。

吹き出し口を覗き込むと
あれ?そんなに汚れていない?と思ったら
どうやらお客様が定期的に吹き出し口をお手入れされてるみたいでした!

これはエアコンを分解して洗浄してみないと
どれだけ汚れているかわからないと言ったところですね〜


それでは早速、エアコン分解をして
洗浄前の状態にしていきたいと思います!


〜洗浄前の状態〜

全体(ビフォー)



吹き出し口(ビフォー)



パッと見でいうと
吹き出し口の送風ファンは確かにカビが付いていて汚れていますが
やはりそんなに汚れているようには見えないのが本音です。。。


次は洗浄です!
先ほど同様、塩素系の洗剤を使ってしっかり除菌をし
高圧洗浄機で隅々まで徹底的に洗い流していきます!


〜洗浄後の状態〜

全体(アフター)



吹き出し口(アフター)



今のところ吹き出し口がキレイになったということだけはわかりますが
さて、洗浄で出た汚水がどんな感じなのか見ていきたいと思います!


出た汚水がこれです!




なんと、こんなにも真っ黒な汚水が!
ビフォーの写真からは想像できないほど黒い水が流れ出てきてました
Σ( ̄Д ̄ )
エアコン内部の見えないところに汚れが潜んでいたみたいですね!
そんなに汚れているように見えなかった送風ファンも筒状の中にはカビがびっしりだったみたいです(汗)
同じ黒色なので見ただけではわからなかったです
(^◇^;)

実際、あまり汚れていなさそうでもこんなに汚れていたので
エアコンクリーニングを後回しにしているエアコンがお家にあるのでしたら
そのエアコンを使いだす前に一度クリーニングしてあげた方がいいかもしれないですね
( ̄▽ ̄;)

一覧に戻る