プロコートへ

TOPブログ > 大掃除のタイミングでエアコンクリーニング!吹田市のお客様のエアコンクリーニングのご紹介

2019/11/24エアコン
大掃除のタイミングでエアコンクリーニング!吹田市のお客様のエアコンクリーニングのご紹介
こんにちは!
プロコートの村上です。

今年も残り1ヶ月と少しとなりました。
1年って早いですね!この時期は皆さん大掃除をされると思いますがその際エアコンもお掃除されていますか?今回は吹田市にお住まいのお客様から大掃除のタイミングでエアコンもクリーニングして欲しいとのことでご依頼がありましたので、クリーニングに行ってまいりました。
クリーニングしたエアコンは三菱製のスタンダードエアコンMSZ-AXV364-Wで製造年は2014年製です。

こちらのお客様ですが毎年この大掃除のタイミングにエアコンのクリーニングのご注文を頂いているお客様です。約1年前にもクリーニングしたエアコン、1年でどれくらいカビなどがついてしまうのかも一緒に見ていきましょう。

まずは送風ファン部分からです。



真っ黒とはいきませんがそれでも奥の方には点々と黒いカビ、ファンにもカビとホコリがついてしまってます。

次はドレンパンです。



こちらもカビが生えてます。

では、それぞれエアコンクリーニング用の専用洗剤と高圧洗浄機を使って丁寧に洗浄をしていきます。

洗浄後の写真がこちらです。

送風ファン部分



ドレンパン


それぞれについていた黒いカビ、そしてホコリが取り除かれてピカピカになりました!
これでエアコンのお掃除完了です!

エアコン内に生えてしまうカビですが原因はほぼ夏場の冷房です。冷房を使うとエアコン内で空気を急激に冷却するのでその過程で水滴が必ず発生します。この水滴がカビの原因となるのです。そして冷房の使用頻度が高ければ高いほどエアコン内に水滴が有る時間が長くなるのでより多くのカビが生えてしまいます。
こちらのお客様ですが夏の冷房の使用頻度は一般家庭での普通の使用頻度です。
それでも写真ので見て頂いたようにエアコン内は結構な量のカビが生えてしまいます。
そして冷房を使うエアコンはその構造上カビが内部に必ず生えてしまいます。ですのでエアコンは定期的に分解洗浄が必要になるのです。
エアコンクリーニングの目安としてはリビングやキッチンなどに設置している夏場に主に使うエアコンやその他の部屋でも使用頻度の高いエアコンの場合は1年に1回、あまり使っていない使用頻度の低いエアコンの場合は3〜4年に1回を目安にエアコンクリーニングする事をお勧めします。クリーニングする時期は夏にエアコン内にカビが生えるので冷房を使い終わってから暖房を使い始める前のタイミングが1番オススメです。
定期的なエアコンクリーニングでキレイなエアコンをお使いください。

一覧に戻る