プロコートへ

TOPブログ > 枚方市 エアコンのカビが怖くて暖房が使えない!

2019/11/07エアコン
枚方市 エアコンのカビが怖くて暖房が使えない!
こんにちは!
プロコートの村上です。

今回は枚方市のお客様からご依頼頂いたエアコンクリーニングを紹介していきます。
クリーニングしたエアコンはシャープ製スタンダードエアコンのAY-D28TD(2014年製)です。

まずはお客様にエアコンのお悩みを確認していきます。
すると、どうやらカビが見えていて小さいお子さんもいるので怖くて使えない、との事です。
最近、夜寒くなってきても暖房を使うのを我慢されている様です。
これは、安心して使う得るようにするためにもピカピカにしなければなりません!!

ではエアコンを分解して内部の状態を確認していきます。



上の写真は分解して送風ファンを剥き出しにした写真です。
黒いカビやカビとホコリの塊が大量に見られます。

次はこちら!



この部品はドレンパンと言われるエアコン内部で発生した水滴を受け止める水受け皿の役目をする部品です。
こちらもカビだらけで真っ黒です。
このドレンパンですが、実は特殊分解部品となり、殆どのクリーニング業者が取り外しを行いません。取り外しを行うクリーニング業者少数いますが追加料金がかかる場合が多いです。
プロコートではドレンパンの取り外し可能な機種であれば取り外しての洗浄を追加料金無しで行っています。

ではそれぞれの部品を専用の洗剤と高圧洗浄機を使って丁寧に洗浄していきます。

洗浄後の写真がこちらです。

送風ファン部分



黒いカビ、カビとホコリの固まりがなくなりピカピカになりました。

ドレンパン部分



こちらも真っ黒くカビだらけでしたがカビが取り除かれて元の状態に戻りました。

今回はさらに室外機がクリーニングが必要な状態だったのでクリーニングさせて頂いてます。

室外機はエアコンの冷暖房の効きと非常に関係があり、汚れていると機器が悪くなってしまいます。

室外機、室内機ともに洗浄してエアコンはピカピカ!
暖房を安心して使える状態になりました。

エアコンは使えば使うほどカビやホコリが内部に溜まってしまうものです。ですので定期的にクリーニングをしてメンテナンスが必要になります。
こちらのお客様の場合はペットに猫を飼われていて夏場はエアコンがフル稼働場、このように使用頻度の高いエアコンの場合は1年に1回はクリーニングをする事をお勧めします。
又使用頻度の低いエアコンでも3〜4年に1回はクリーニングしてあげたほうが良いです。

是非定期的にクリーニングをして清潔な状態でエアコンをお使いください。

一覧に戻る

あなたにおすすめのブログ